スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tapezium用 自作HA10モジュール

とっくの昔にあけましておめでとうございました(棒)

いや、放置しすぎました…。申し訳ない。
その間、T51をDAC直バランス出力対応にしたりHA10miniデュアルモノを製作したりMDR-Z1000を買ったりT51が昇天したりCK4を注文してまだ手元に届いてなかったりしますがお久しぶりのTDですこん××わ。

というか正直なところ誰の参考にもならないであろうこれを記事にするのは些かの躊躇いがあるところですが、記事にしてしまいましょう。
なお、この完成写真っぽいものはFETの接続が間違ってて作り直す前の物です。

HA10モジュール上
HA10モジュール



 

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

Trapezium GND強化モジュール

随分と予告したまま放置してしまいました…申し訳ありません。
Trapezium用のHA10モジュールを自作したり、福岡で開催された九州ポータブルオーディオクラスタオフに参加などしておりました。
あとfi.Qを色々また弄ってみたり、関西方面に色々と貸し出してみたり…。

今回は宣言通りTrapezium用のGND強化モジュールについて書こうと思います。

 

続きを読む

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

Trapezium γモジュール&入力コンデンサ交換

前に注文したTrapeziumのγモジュールが、しばらく前に届いていました。

トラペγモジュール箱


EPCOS版を注文していたのですが、比較対照用にニッセイMMT版がおまけに貸し出されてきました。
以下、ニッセイMMT版での先行α・β-Hとの比較になります。
ついでにニッセイMMTとEPCOS、またそれを更に交換してみての比較も最後に載せてあります。
 

続きを読む

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

STRV's Studio HA10mini

長らく放置で申し訳ありません、久々の記事です。
C78にてMLKWY Industryから販売されたHA10miniを組み立てました。
先行配布版の基板となります。

HA10mini1機目中身HA10mini1機目外観
HA10mini 1機目&自作プラ外箱
HA10mini2機目中身HA10mini2機目外観
HA10mini 2機目&ちょうど良いサイズだったタッパー


HA10miniとは超小型ディスクリートヘッドホンアンプ(HPA)です. 箱のサイズが55mm×75mm×20mmと小型ながら,OPアンプなどのICは一切使わず, トランジスタだけで増幅回路が組まれたアンプです.
また,電源は単三電池2本の±1.2Vと,とても低電圧なのも特徴です. 昇圧回路などは使わず,そのまま電池電圧を利用していますが,T1やER4Sなどの 鳴らしにくいと言われているヘッドホンでも余裕で鳴らすことができます.
電源利用効率が高いことから電池のもちもよく,eneloopを使えば連続で40時間程度はもつはずです. またもしなくなってしまってもその辺で売っている電池に交換できるのでポータブルするのにもってこいw
HA10mini取扱説明書より抜粋



実際の組み立て・音質等については続きから
 

続きを読む

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

Trapezium γモジュール試聴機到着

Sound PotionよりTrapeziumのγモジュールの試聴機が届きました。

モジュール群
左から量産α、量産β、先行版仕様γ試作機



γは4つ予定されている内の3つめのアンプモジュールで、2段差動アンプとなっています。
2段差動は有名どころに「AT-HA5000」「PH100」「portFull」などがあるとのこと。
αとβは綺麗な左右対称となっており設計されたDR.KSK氏のこだわりだそうですが、1段差動の予定だったγアンプを2段差動に切り替えたことで残念ながらこちらは左右対称を断念したとのことでした。
 
*追記 2010/07/08 22:31*
先行機におけるγモジュールの駆動時間は13時間ほどでした。
ただし量産機ベース、また量産モジュールによっては変化しますのでご注意下さい。
そのまま量産型相当で考えた場合、9時間程度でしょうか…?
某氏の報告では量産機+量産γモジュールにて17時間駆動したとのことです。
トランジスタマッチングの誤差次第でDCサーボの駆動率が変わってきますので、それによる個体差かもしれません。



*追記2 2010/07/08 22:42*
DR.KSK氏曰く、
『TDさんのγアンプは私が組み立てたものですが、部品切れのため途中から違う抵抗を使っています。
 方向性は同じですが、製品版とは違うので量産後はakai_inazumaさんのレビューのほうが近いんじゃないかと。』
とのことでした。

akai_inazuma氏のレビューはこちら(先行レビュー)
日曜にはまた詳しく書かれるとのことです。

*追記 2010/07/15 22:40*
γモジュールの部品調達に時間が掛かっており、発売は8月に延期する見通しとのこと。
 

続きを読む

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

TD

Author:TD
私、TDが特に興味を引かれた物について書き連ねるblogです。
最近ではポータブルオーディオにはまり、節制中…。

時折改造等の記事を書くこともありますが、実行される場合は必ず自己責任で行って下さい。
それによって生じた損害に対し、責任は負いかねます。

オーディオ関連所持物
T51改
fi.Quest/Trapezium改/HA10mini
Triple fi.10pro/ER-4S/HP-FX500/ATH-CM7Ti/MDR-EX90SL/PianoForte/5EBx3@Comet
MDR-Z1000/K403/PMX100
最早原型を(外見以外)留めていないTimedomain mini改改

現在のfi.Q構成
OPAMP:OPA637AP
バッファ:表LT1010/裏LMH6321
メインコンデンサ:KT 10000uF/16V
OPAMP部コンデンサ:KT 47uF/50V + MUSE KZ 33uF/16V + ECPU 0.1uF/16Vパラ
バッファ部コンデンサ:KT 47uF/50V + MUSE KZ 33uF/16V + ECPU 0.1uF/16Vパラ
ジャンパ:OFF(スイッチ化)
SW1/2:OFF/ON
他:フィルムコン全てシーメンス続 入力抵抗LMFQ ボリュームRD925 LMFQによるΩ化 トランジスタ2SA1358Y/2SC3421Y

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。