スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rooth 5EBx3(5EB改) 前編:フォトレビュー

久々のイヤホン記事です。
初カスタムIEMとして旅に出ていたIE-20 XBが帰って参りました。

5EBx3
Rooth 5EBx3



IE-20 XBをベースにHIGH FI Internationalにてカスタム依頼を行いました。
カラーシートは提示されていませんが、注文の際にメールにて見せて頂けます。
カラーシートに無い色でも調合して作成してくれるようですので、かなり柔軟性は高いと思います。
参考までに、こちらにHFIで注文された方々のカスタム写真が公開されてます。

今回、自分はシェルとプレートを別色、プレートも左右別にてお願いしました。
送付の際はイヤホン本体とイヤーモールドを1組ずつ送付すれば大丈夫です。ケーブルは不要。
 
こちらのケースに入れて送られてきました。

5EBx3付属ケース
付属ケース、サイズ比較にT51+fi.Q


普段入れて持ち歩くには十分なケースでしょう。
そこそこには固くて頑丈です。


5EBx3上から5EBx3前から
5EBx3下から5EBx3後ろから
5EBx3内側5EBx3外側
全周囲から撮影


非常に透明度が高く、気泡もなくて満足行く仕上がりです。
外耳道での空気抜けが怖く少し大きめにとオーダーしましたが、圧迫感もなくフィット感は完璧です。

見て分かる通り、耳型に内蔵するには正直限界だとしか思えない大口径のダイナミックドライバが鎮座しています。
そのドライバとカナル部の間に2機のBAドライバがギリギリのサイズで挿入されていました。
どのくらいギリギリかというと…

5EBx3内部5EBx3内部2
こんな感じ。



ダイナミックドライバが搭載されている関係上、5EBx3には空気孔がついています。

5EBx3空気孔
空気孔部分


音漏れを気にする人もいるかと思いますが、カスタムIEMであり小音量でロス無く鼓膜に届きますから、体感音量と比較すればかなり音漏れは抑えられます。
しかし他のBA型のカスタムIEMと比較した場合は見劣りするかとは思います。
通常音量で使用する限り気にする必要はないでしょう。


周波数特性のグラフも一緒に添付されてきました。

周波数特性
5EBx3の周波数特性


見事な低域特性です。まぁ、原音忠実とはかけ離れてますね(笑
最初から原音忠実なんて考えてませんから些細なことです。
余談ですが、nissiさんがこの周波数特性グラフを見て『特性をよく見るとLS8と5EB×3同じ感じのケーブルでいけそうな気も』とのことで、Roothカスタム用に統一ケーブルが出る可能性も…?
※ケーブルについてはあくまでも個人的な妄想です。

ついでに同梱されてたIE-20 XBの残骸、クリーニングツールを添えて。

IE-20XBの残骸
クリーニングツールとIE-20XBの残骸

スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TD

Author:TD
私、TDが特に興味を引かれた物について書き連ねるblogです。
最近ではポータブルオーディオにはまり、節制中…。

時折改造等の記事を書くこともありますが、実行される場合は必ず自己責任で行って下さい。
それによって生じた損害に対し、責任は負いかねます。

オーディオ関連所持物
T51改
fi.Quest/Trapezium改/HA10mini
Triple fi.10pro/ER-4S/HP-FX500/ATH-CM7Ti/MDR-EX90SL/PianoForte/5EBx3@Comet
MDR-Z1000/K403/PMX100
最早原型を(外見以外)留めていないTimedomain mini改改

現在のfi.Q構成
OPAMP:OPA637AP
バッファ:表LT1010/裏LMH6321
メインコンデンサ:KT 10000uF/16V
OPAMP部コンデンサ:KT 47uF/50V + MUSE KZ 33uF/16V + ECPU 0.1uF/16Vパラ
バッファ部コンデンサ:KT 47uF/50V + MUSE KZ 33uF/16V + ECPU 0.1uF/16Vパラ
ジャンパ:OFF(スイッチ化)
SW1/2:OFF/ON
他:フィルムコン全てシーメンス続 入力抵抗LMFQ ボリュームRD925 LMFQによるΩ化 トランジスタ2SA1358Y/2SC3421Y

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。