スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trapezium 改造編

さて、前2回に渡りTrapeziumを紹介してきましたが、また懲りずにその話題です。
今回の話題は「改造」!
…あ、保証は受けられなくなりますのでご注意下さい。




Trape改7


そしてここに改造済みのTrapeziumが2台あります(笑

下の1台は自分の個人所有の物ですが、上の1台はSound Potionのkei777氏からご厚意にてお貸し頂いた物です。
量産機とはまた別です。
自分の物がほぼデフォルトなのが見て分かるかと思います…w;

肝心の音質ですが…

【kei777機】
低域の締まり良し。
全体的に滑らかな音。
適度な残響感があり伸びが良い。
バランス良好。

【自機】
高音の鋭さはこちら。
音場が狭くがやつく。
ソリッド。
ボーカルが目立つ。
聞き疲れしやすいかも。

といった感じでした。

改造の詳細については続きから!(抵抗値などミスあるかも…)
 
【電源部~仮想GND】

Trape改3Trape改6
左:kei777機 右:自機


※量産版ではここでかなりの変更が行われています!
主に分圧の仕様変更とOPAMP変更、コンデンサの変更となっています。
なお、OPAMP右のコンデンサ2つはあまり意味はありません。
電源コンの変更は非常に効果が大きいです。

【kei777機】
分圧を抵抗分圧からTLE2426を使用したレールスプリッタへ。10V10uFのOS-CONをパラ。
OPAMPをLM6172に変更。
A47の抵抗を47Ωから50Ωに変更。
電源コンをSEPC 6V 1500uF 及び ERO1826 0.1uFへ変更。
裏面になるが、OPAMPのVin-out間にパスコンとしてチップコンをパラ。

【自機】
分圧抵抗を10kΩに、A47の抵抗を22Ωに変更。
電源コンをSEPC 16V 470uFへ変更。


【ベース部】

Trape改3
kei777機


主にアンプ部に対するNFBの回路となります。
NFBについて自分がよく分かっていないので、説明は省かせて下さい。。

【kei777機】
NFBのOPAMPをLT1112に変更。
5pinソケット横の抵抗を1.2kΩに変更。
ゲインスイッチ2の抵抗を1.2kΩに変更。
フィルコンをシーメンスのBOX型フィルコンに変更。


【アンプ部】

Trape改3
kei777機


変えられるところはあまりありません…w
こちらはαアンプですが、1Ωの出力抵抗と1uFの入力コンデンサが特に音質に影響が大きそうですね。
大きめのコンデンサを付けるとベースに干渉する可能性がありますので、その場合は倒して配置して下さい。
物にもよるとは思いますが、ジャックの上に乗っかってちょうどいい配置になると思われます。
(キャンセルすることも可能ですが、特にαでは動作不安定になる可能性が高いので危険です。)
また量産版のβアンプは定数がかなり変更されていますのでご注意下さい。
R4を820、R9を20、その他20k、と不思議な数字を呟いてみるテスト。


【kei777機】
入力コンをシーメンスのBOX型フィルコン1uFに変更。
GNDに落とす100pFのセラコンをマイカコンデンサに変更。


以上です。
どこをどう変えたらどういう音になるのか、までは自分は語れません…そこまで試してないですし。
言えることは、電源コンを変えると音ははっきり変わる、ということだけですね。

繰り返しになりますが、改造は保証対象外となります。
自己責任にてお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TD

Author:TD
私、TDが特に興味を引かれた物について書き連ねるblogです。
最近ではポータブルオーディオにはまり、節制中…。

時折改造等の記事を書くこともありますが、実行される場合は必ず自己責任で行って下さい。
それによって生じた損害に対し、責任は負いかねます。

オーディオ関連所持物
T51改
fi.Quest/Trapezium改/HA10mini
Triple fi.10pro/ER-4S/HP-FX500/ATH-CM7Ti/MDR-EX90SL/PianoForte/5EBx3@Comet
MDR-Z1000/K403/PMX100
最早原型を(外見以外)留めていないTimedomain mini改改

現在のfi.Q構成
OPAMP:OPA637AP
バッファ:表LT1010/裏LMH6321
メインコンデンサ:KT 10000uF/16V
OPAMP部コンデンサ:KT 47uF/50V + MUSE KZ 33uF/16V + ECPU 0.1uF/16Vパラ
バッファ部コンデンサ:KT 47uF/50V + MUSE KZ 33uF/16V + ECPU 0.1uF/16Vパラ
ジャンパ:OFF(スイッチ化)
SW1/2:OFF/ON
他:フィルムコン全てシーメンス続 入力抵抗LMFQ ボリュームRD925 LMFQによるΩ化 トランジスタ2SA1358Y/2SC3421Y

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。