スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iBasso fi.Quest

ええ、性懲りもなくアンプです。
今回紹介するのはこちら。

fi.Qその1
iBasso fi.Quest
(個人的にはP3cの呼称の方が好みだったり…w)


単四形2次電池12本による16.8Vのバッテリー駆動で、パワフルさと弄り甲斐のある汎用性を備えています。
色々面倒なので、詳細はもう公式サイト参照で(笑
立案者曰く、HD650をOPA637でまともに慣らしきることを目標にした、とのこと。
音質? 野暮な(笑
というか改造しっぱなしで元の音なんてすっかり忘れ去ってるのが大きいわけですが。。

巷では、これさえあれば他に要らないとも言われますね。
(バランス駆動に行かれる方やデジタルポータブルに行かれる方もいますが。)
まだまだ経験不足で価値を計りかねていますが、確かに良い物だとは断言できます。

現在のところ購入はできませんが、時期不明ながらいずれ2期の販売が始まるかと思います。
自分としてもサイト開設を待ち遠しくしている限りです。
 
【外観】

fi.Qその3
正面

fi.Qその2
背面
(右が少し凹んでますが、ポケットに入れて持ち歩いてるときにどっかでぶつけた跡ですw;)


3段階GAIN変更スイッチと2段階BASS BOOSTスイッチが前面上部にあります。
ポータブル時に使用する分は全て前面で完結するようになっています。
現状がGAIN LOW/BASS BOOST OFFですね。
Gainは14.2x/4.4x/1.6x (23dB, 12.8dB, 4dB)、BASS BOOSTが1kHz以下+3dB/100Hz以下+3dB/OFFとなっています。

背面には充電ジャック(24V)と充電変更スイッチがあります。
充電変更スイッチは、充電しながら24V駆動/充電せず24V駆動/充電しながら16.8V駆動となっています。
24V駆動だと音が更に引き締まり、1段階ランクアップします。

ちなみに充電しながら24V駆動だと軽々しく持てないほど発熱します…。


【サイズ比較】

fi.Qその6
横から

fi.Qその7
上から



Teclast T51(110×62×12mm)とNintendo DSLite(133.0×73.9×21.5mm)との比較です。
fi.Qの寸法は135 x 76 x 29(mm)? 画像から見るともうちょっと長いような…。
DSは手元にあって比較しやすいかなというのと、次の3DSがfi.Qより薄いくらいでほぼ同じサイズというのが理由です。
ちなみに3DSの発売は来年3月予定だとか。全くの余談ですが。
(改めて確認したら3DSとDSLiteってほとんどサイズ同じだった…恥ずかしい。)


【内部構成】

fi.Qその4
全体像

fi.Qその5
OPAMP周辺


公式掲示板に載せられているノイズ対策はある程度実施済みです。
BOX型フィルコンが地元で手に入らなかった&通販頼るのも面倒だったので見た目が微妙に…。

メインコンデンサ:ニチコンAudio KT 4700uF/25V
バッファ部コンデンサ:ニチコンMUSE KZ 33uF/25V + サンヨーOS-CON SEPC 470uF/16V
OPAMP部コンデンサ:東信工業UTSJ 220uF/16V + ニチコンMUSE KZ 33uF/25V
バッファ:LT1010のピン配置を634化/裏面は無し(BUF634Uを半田付けできるスペースが用意されてます)
OPAMP:LT1028ACN
と、あまり拘りもあったもんじゃないごちゃ混ぜ構成。。

ちなみに音の傾向としては…
ドンシャリ気味で包まれるような音場、量感あるよく締まった低域、埋もれない中音域、ギリギリ刺さらないくらいの鋭い高域
となっています。

まだまだ自分の好みの音の方向性という物が見えていませんが、今のところは高解像度・伸びてキレのある高域・締まって音圧のある低域を目指しているところです。
それなら狂犬機構成にしろと言われそうですが、与えられて同じ構成にするのは好きではないので(笑

今回はこの辺りで以上でー。
スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TD

Author:TD
私、TDが特に興味を引かれた物について書き連ねるblogです。
最近ではポータブルオーディオにはまり、節制中…。

時折改造等の記事を書くこともありますが、実行される場合は必ず自己責任で行って下さい。
それによって生じた損害に対し、責任は負いかねます。

オーディオ関連所持物
T51改
fi.Quest/Trapezium改/HA10mini
Triple fi.10pro/ER-4S/HP-FX500/ATH-CM7Ti/MDR-EX90SL/PianoForte/5EBx3@Comet
MDR-Z1000/K403/PMX100
最早原型を(外見以外)留めていないTimedomain mini改改

現在のfi.Q構成
OPAMP:OPA637AP
バッファ:表LT1010/裏LMH6321
メインコンデンサ:KT 10000uF/16V
OPAMP部コンデンサ:KT 47uF/50V + MUSE KZ 33uF/16V + ECPU 0.1uF/16Vパラ
バッファ部コンデンサ:KT 47uF/50V + MUSE KZ 33uF/16V + ECPU 0.1uF/16Vパラ
ジャンパ:OFF(スイッチ化)
SW1/2:OFF/ON
他:フィルムコン全てシーメンス続 入力抵抗LMFQ ボリュームRD925 LMFQによるΩ化 トランジスタ2SA1358Y/2SC3421Y

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。